フォロースルーが小さい (左手片手スイングドリル)

<解説>

フォロースルーが小さいのは、スイングの途中で体の回転が止まり腕が振れなくなった結果です。 さまざまなミスショットの原因です。

ドリルでは、体の回転でフィニッシュまで振り抜く練習になります。 左手でクラブを逆さに持ってアドレスし、片手でスイングします。 フィニッシュではおへそが目標に向くまで体を回し、クラブのシャフトが首の後ろに巻き付くまで振り切ると良いです。 フォロースルーで風を切る音が”ビュッ”となるようにスイングすると、タイミングもOKです。

打球練習の際は、ドリルの音が鳴ったポイントで両腕を伸ばすようにすると大きなフォロースルーが取れます。 体の回転と腕の振りが良くなり、球を正確にヒットできるようになります。

<ドリル動画>


正面から

後方から
戻る







(C) Copyright こそれんGolf All rights reserved.