はじめに

ルールブックの第一章は『コース上の礼儀』です

日本ゴルフ協会が毎年、発行している『ゴルフ規則集(ルールブック)』の第1章には、『エチケット(礼儀)&マナー(行儀)の大切さ』がうたわれています。

これは、ゴルフが「エチケット&マナー」を抜きにしては成り立たないスポーツだからです。

具体的には、
1つ「危険防止」
2つ「他人への思いやり」
3つ「コースの保護」
4つ「プレーの公平」
この4つを柱に出来上がっています。

細かい事柄まで上げれば、きりがありません。だからといって、知らなかったでは済まされないのが「エチケット&マナー」です。迷った時には、上記の柱と照らし合わせて判断してください。

この章では、一般ゴルファーが陥りがちなケースを具体的に解説しています。特に初心者には堅苦しいことと思いますが、楽しくプレーをするためには是非とも必要なことです。一日も早く慣れるようにして下さい。

1.ウェアリングマナー編


 

2.クラブハウス編

 

3.ティーインググラウンド編


 

4.スルーザグリーン編


 

5.ハザード編


 

6.パッティンググリーン編


 

7.カートの乗り方